電気の正しい使い方

アース(接地)

アース(接地)は付いてますか?

コードや配線器具には流すことができる電流の量が決められています。テーブルタップなどを使ってタコ足配線をしていると、一度にたくさんの電化製品を使うことができるので便利ですが、電気を使い過ぎるとテーブルタップなどが過熱してとっても危険!電化製品はコンセントから直接使うか、また、テーブルタップは容量の範囲内で使うようにしましょう。

アースあり、アースなし

電気機器の外箱などの金属製部分にアースを取り付けておくと、電気は抵抗の小さい流れやすい箇所を通って大地に流れていくので、人体より抵抗の小さいアース線を大部分の電流が流れて人体への影響は小さくなります。また、電源に漏電遮断器を設置しておけば、電気機器が呼称して漏電した瞬間に電源を遮断して、危険を回避できます。

アースの取付が必要な電気機器は?

アースあり、アースなし

水気のある場所や湿気の多い場所で使用する電気機器や使用電圧の高い器具にはアースを取り付けるように決められています。
たとえば洗濯機や衣類乾燥機、屋外で使う室外機や自動販売機などで、機器のケースにはアース線を取り付ける端子が付けられています。

アースを取り付ける時の注意点は?

水道管は、地中配管にもプラスチック製のものが多くなり、アースの効果が得られない恐れがあります。また、ガス管には絶対にアースをつないではいけません。

電気器具は水や湿気が苦手!

  • 屋内用の器具を屋外や水気のある場所で使わないようにしましょう。器具が故障しやすくなり、漏電や火災の原因になります。
  • テレビなどの側に水槽や花瓶などを置かないようにしましょう。
  • 水に浸かった電気器具は使わないようにしましょう。
Copyright © 2019 All Rights Reserved By KYUSHU ELECTRICAL SAFETY INSPECTION ASSOCIATION.
ページの先頭へ